ココアちゃんの誕生日絵を描いてみた

Created 2020年4月12日14:26
Updated 2020年4月12日14:31
Categories

4月10日。それは春とともに大切な人の誕生を祝う日でもあります。

そう。ごちうさオタクならもうお分かりでしょう。ココアちゃんの誕生日です!!

去年までは公式や神絵師の画像をひたすらふぁぼるだけの一日を送っていましたが、今年はなんやかんやあって何と誕生日絵を描くことができ、ココアちゃんの誕生日のお祝いにささやかながら自らの手で寄与することができ満足しています。

その絵がこちらです!

結構頑張って描いたのですが、やっぱりまだまだですね。ココアちゃんのかわいさはこんなもんじゃないです。精進せねば…

ここ1か月ほどコロナの影響でリモートワークになり、退勤と同時に家にいるためいつもより時間ができて、かねてからやりたかった絵の練習をすることができました。

ざっくりとですが、描いた手順をまとめておきます。

環境

ペンタブ

絵を描くならまずはペンタブを用意する必要がありますよね。iPadを買ったりするのも良いですが、せっかくPCを持っているのでペンタブを買うことにしました。

私が買ったのはIntuos Pro smallです。秋葉原で中古で4000円くらいで買えました。

これ、描き心地がめちゃくちゃ良いです。質感の良い紙に描いているような感じで、安価ながらストレスは全く感じませんでした。

また、いつも使っているモニタに表示できるため腰にも目にも優しいです。描いている手でイラストが隠れないのも良いですね。

ただ、ディスプレイが付いていないので直感的な操作はできません。とは言えしばらく使っていれば慣れるのでそんなに問題には感じませんでした。

値段的にも安く、かなり快適に作業ができるのでとってもおすすめです。

イラストソフト

CLIP Studio Paintを買いました。こちらも5000円くらいです。

筆圧対応はもちろん、筆やブラシの種類も多くて今のところ機能に不自由は感じていません。イラレやSaiなど、他にもめちゃくちゃ良いソフトはありそうですが、しばらくはこれを使ってみようと思います。

最近は絵といえばiPadな風潮がありますが、安い方のiPadでもペンシルやソフトを含めて5万以上かかってしまいます。

もしPCを持っていれば、割と快適な環境が1万ほどで作れますので、こちらも検討してみてはどうでしょうか。

ラフ

やってみて思いましたが、正直素人にラフなんて描けません

ラフが描けないと当然その先も描けないため、まずはラフのラフを描きます

具体的にどうするかというと、頭の位置を決めて、そこから参考資料をもとに骨格を描きます。これはだいたいで良いです。頭に対して肩や腕、上半身などの線をなんとなくバランスが良くなるまで修正しつつ描きました。

その骨格をもとにまずは太い線で肉付けをして、消しゴムで削ったり何度も描き直したりしながらバランスを取ります。水彩の筆とかでやると下手さが緩和されてよい感じです。

素人に良い線なんて引けないので、たまたま引けたラッキー線を重ねてなんとかかわいいラフを描いてください。この時点でかわいくないと絶対にかわいい絵はできません。骨格があればせっかく引けたラッキー線を活かせるチャンスが増えます。

下書き

自分は下書きも筆で行いました。本来はペンでやるんでしょうが、ペンで線を引くのはたいへん難しいです()。筆はぼやかされるので比較的線がぶれてもなんとかなります。

ラフに対して線が定まらないときは、絵を縮小してバランスを見ながら描くと良いと思います。線はぶれますが、根気よく消しゴムと書き直しでなんとかしましょう。

下塗り

下塗りは割とすぐできますが、今回は色の選択を雑に行ってしまったので課題が残りました。

鉛筆のべた塗りツールと線の内側を塗る機能が役に立ちましたが、結構塗り残しやはみ出しがあるので、目立つところから納得いくまで消していきましょう。ただ割と意外と目立たないので、時間をかけすぎて燃え尽きる前に次に行くのがいい気がします(後で直せますし)。

影つけ

これは友人の絵師に教えてもらったのですが、レイヤーの設定でひとつ下のレイヤーの色が付いている部分にしか塗れない機能があるので、それを使うと便利です。

また、乗算レイヤーで下のレイヤーの色を残しつつ暗くします。色は服にはグレーで肌にはベージュを使うと良さげでした。

所感

解説記事ではないのに中途半端にやったことを書きなぐってしまいました。すみません…

絵を描くのは大変みたいに言いましたが、正直推しを描けるのは他の何にも代えがたい幸福感があります。コロナで暇している方は是非とも、推しを描く喜びを味わってほしいです。

私はこれが最初だったので描くのに結構時間がかかりましたが、多分次第に早く描けるようになってくるんですかね。こんな記事書いてないで早く次描きたいと思います。

コメントを投稿

コメント